自力でフィアンセビザから結婚まで:実際にかかった日数と費用

今回は、婚約者ビザ取得し結婚するまでのプロセスの概要と実際にかかった日数をまとめました。

K1ビザ取得までの流れとかかった日数と費用

ビザ取得までの流れについて

①嘆願書I-129F等をまとめたファイルを郵送提出

ファイルにまとめる書類一覧

項目
1.Form I-129F USCISにてダウンロードするフォーム。住所や名前など10ページ以上 HP
2.米国籍証明 申請者のBirth Certificate
3.出会い証明 申請日から2年以内で出会ったことがあるという証明
4.交際の証明 二人のチャット会話や手紙など交際の証明
5.証明写真2枚ずつ パスポートサイズの写真2枚ずつ(申請30日以内に撮影)
6.申請料 I-129Fを申請する為にかかる費用(2019年時$535) HP
7.両者結婚が可能な証明 以前に結婚していれば離婚証明、未婚証明
8.結婚の予定証明 K1ビザで入国後90日以内に結婚するという証明
(任意)G-1145 メールにてI-129Fの受理の通知を受け取れる通知サービス HP

⇒こちらにファイルにいれた詳細をまとめたのでご参考までに
苦労して作ったフィアンセビザのための嘆願書I-129Fと必要書類のすべて

因みに、こちらを提出すると受領された日程とともに書類にてレシート番号が送付されます。(G-1145を提出するとメールでも連絡がきます)
レシート番号が分かると現在自分の嘆願書がどのプロセスになっているかアメリカ政府のサイトでしらべることができます。
(画像:こんな感じ)

②ビザ申請

I-129Fの申請に問題がなく承認されると、書類はDOS National Visa Centerというところに届きます。(申請者側の私たちにすることはなし)

日本の米国領事館からビザ申請に必要な書類と面接についての説明書類が届きます

ビザ申請に必要なもの一覧
項目
1.Form DS-160 オンラインで提出できる申請フォーム HP
2.パスポート 有効なパスポート
3.出生証明書 市役所にて⇒(自力で)英訳
4.犯罪経歴証明書 現在いる国と、16歳以降で6ヶ月以上居住した国のもの
5.健康診断書 健康診断を特定の施設で。 HP
6.扶養証明書Form I-134 アメリカで生活保護の可能性がない証明 HP
7.パスポート写真2枚 嘆願書出した時に出した写真を再び
8.婚約の証明 婚約指輪など婚約したことを証明するもの
9.ビザ申請料 Kビザを申請する為にかかる費用(2019年時$265) HP

上記がそろえば、面接を予約しビザ申請料を払います。(こちらにビザ申請のチェックリストが載ってます)

⇒こちらにファイルにいれた詳細をまとめたのでご参考までに
Kビザと面接について:書類提出と面接が終わるまで

NVCでもケース番号が分かると現在自分の嘆願書がどのプロセスになっているかアメリカ政府のサイトでしらべることができます。※レシート番号とケース番号は異なります。(ケース番号はNVCからの受領メールに記載されています)

③入国審査

入国に必要なもの一覧

項目
1.パスポート VISAがあるパスポート
現状不明
旅費 45,000円~

④結婚

K1ビザで入国する場合、入国後90日以内に結婚しなければならず、もししなければ違法滞在になります。

結婚に必要なもの一覧

項目
1.本人証明 免許証やパスポートなど
2.費用 $91(+$25)←都市による
4.犯罪歴証明書 現在いる国と、16歳以降で6ヶ月以上居住した国のもの

⇒結婚した後に結婚証明書をもらうのを忘れずに~

費用と日数まとめ
提出・受領日 所要日数
①嘆願書
I-129F
費用$535
2019/10/5提出
2019/10/11受領 6日
2020/2/5承認メール  約4ヵ月
②ビザ申請
(NVC)
費用$265
2020/2/19受領 約2週間
2020/3/5受領メール 約2週間
2020/3/16封筒届く 11日
2020/3/17面接予約 1日
2020/3/24健康診断※ 1週間
2020/4/20面接
⇒コロナでキャンセル
約1ヵ月
③入国審査
費用$旅費?
④結婚
費用$116
(入国後90日以内)
合計 【費用】$916+旅費 約7ヵ月

※健康診断は面接日が決まらないと、予約できない上に面接日の2週間以上前でなければなりません。(つまりは面接予約する日は面接日より2週間以上前にする)私の場合は、面接予約ができた日に空いている日程の最短が1ヶ月先でした。

参考:ビザの種類別に日数を調べる

アメリカ政府のサイトの以下ページでビザの種類別に現在かかっている日数を調べることができます。
※2019年5月時点でK1ビザまで手続きが 5.5ヶ月~7.5か月 かかっているそうです。

まとめ

自分用にまとめておきました。コロナのこともあり、アメリカに行くまでドキドキ。飛行機選びも他の国(中国や韓国)を経由しないように注意したりと。内容は参考までに

こちらも将来的にできるはず⇒アメリカフィアンセビザからグリーンカード取得まで:実際にかかった日数と費用


アメリカ合衆国(海外生活・情報)ランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください