アメリカ留学で使えるシムフリースマホの選び方とポイント

今回は、日本で購入できてアメリカでもそのまま使えるようなスマホケータイ、つまり日本でもアメリカでも使える1台二役になる携帯を選ぶ際の注意点をご紹介します。

■シムフリーになっているものを選ぶ

当然ですが、1つの国内でも契約するケータイ会社を変更する際は、SIMロックのかかっているケータイは違うケータイ会社では使うことができません。その為シムフリーのスマホを購入するかSIMロック解除をするようにしましょう。但し、機種購入から100日など一定期間経っていないと解除できない場合があるので注意)

■キャリアが使う周波数を受信できるスマホを選ぶ

周波数(バンド:Band)とは
電波を使ってインターネットや電話のデータ通信をしており、その電波はそれぞれいくつかの異なった周波数帯に分かれていて、スマートフォンの機種や種類によって受信できる周波数帯が決まっています。

つまり、ケータイ会社(キャリア)によって使える周波数は異なるだけでなく、スマートフォンの機種・種類によって受信できる周波数も異なっているのです。

■日本のキャリアの周波数で使えるスマホを選ぶ
主要バンド +αバンド 詳細
au 1, 18/26, 41, 42 11, 28
docomo 1, 3, 19, 42 21, 28
SoftBank 1, 3, 8 11, 28, 41, 42

※主要バンド=ないと困る、+αバンド=あれば更に繋がる
日本で購入したスマホであれば上記のうちどれか一つのバンドは対応しているはず。

■アメリカのキャリアの周波数で使えるスマホを選ぶ
主要バンド +αバンド 詳細
Verizon 13 2, 4, 5, 66
AT&T 12, 17 2, 4, 5, 14, 29, 30, 66
T-Mobile 2, 4, 12, 71 5, 66
Sprint 25 26, 41

※主要バンド=ないと困る、+αバンド=あれば更に繋がる
アメリカで購入したスマホであれば上記のうちどれか一つのバンドは対応しているはず。

■日本⇔アメリカの周波数帯(Bands)

結局数字を見てもかなり分かりずらいと思います。。なんのこっちゃ

と、言うことで

■自分のスマホが対応しているから確認する方法

こちらのサイトでモデル番号を入力すれば確認できます。※英語ですが

自分のスマホの機種をチェック

スマホの『設定⇒システム⇒端末情報』
 機種+機器名 』を調べます

注意:一応ファーウェイは使用しない方がいい

Cnet.dom*によると法的に使用を禁止しているわけではありませんが、Googleによると週末はHuaweiに対するGoogle Playの提供を止めると発表もしているので将来どうなるか分からないことも含め、アメリカでは使用しないに越したことはありません。

■ネットで購入

海外で使えるスマホはこちらでも購入することができます。

■プリペイドSIMカードを日本で購入しておくことも可能です

以下のように、日本にいる間にAmazonでプリペイドSIMカードを購入しておけばアメリカに行った際にすぐスマホを使い始めることができます!!
(私のおすすめはT-Mobile)

料金 詳細
Verizon 6,880円(22GB)
AT&T 6,990円(30日使い放題)
T-Mobile 5,450円(30日使い放題)
Sprint

最後に

今回は、日本でもアメリカでも使えるスマホ選びの注意点をご紹介しました。もし自分のケータイが対応しているか分からない場合はお問い合わせから聞いてください。

*https://www.cnet.com/how-to/despite-ban-you-can-still-buy-huawei-phones-in-the-us-heres-how/


アメリカランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください