留学するなら知っておきたい:ルームシェアを探す方法

アメリカで留学をする上で、ルームシェアという手段は人気で多くの留学生が利用する方法です。

基本的に、自力で探す必要があるルームシェアはどのようにして探せばいいか、ご紹介します。

■ルームシェアについて

ルームシェア/ハウスシェアとは
ルームシェア(roomshare)とは、ハウスシェア/シェアハウス(house share/share house)とも言われ、ひとつの住居(アパートや一軒家)を親族や恋人ではない他人同士(room mate)が、シェアして居住生活すること。

wikipedia引用

もし、節約のためにルームシェアを検討しているなら、いくつかメリット・デメリットもあるのでご注意ください。

メリット・などその他ルームシェアについてこちらも
知っておきたい!ルームシェアのメリット&デメリット
節約?それとも英語に集中?留学中の滞在方法の種類と比較!
ルームシェアをする前に知っておきたい7つのポイント

■ルームシェアの探し方

日本でも 【オークハウス】のように ルームシェア・シェアハウスができるサイトやサービスがありますが、アメリカでもいくつかルームシェアを探す方法があります。

-【学校】掲示板

Bulletin Board.

大学には、ルームシェア探しだけでなく大学でのイベント情報やチューター紹介などが掲載されている掲示板があります。特に、留学生がよく行き来する留学生オフィスにはルームシェアの情報がよく掲載されています。

大学留学をした場合は、掲示板に掲載されている情報をチェックしてみるといいでしょう。(ルームシェアだけでなくイベント情報など役立つかもしれません)

-【現地】友達や知り合いと

大学など留学先で知り合った友人や知り合いと一緒に部屋を借りてルームシェアをする方も多いです。入居・退居するタイミングなど揉めることがないようにだけ気を付けて。

-【ネット】大学の情報掲示板

留学先の大学によっては、大学のサイト内にルームシェアの情報やホームステイ情報を掲載している場合があります。大学に問い合わせるか、時間があればサイト内を探してみてください。

-【ネット】ルームシェアサイト

インターネットを利用すれば、様々なサイトでルームシェア検索をすることができます。(基本的にどのサイトも無料で検索できます)

Craigslistアメリカで有名な情報交換サイト(英語)
(ルームシェア以外の情報有)
アメリカ掲示板日本人が利用するアメリカ情報サイト
びびなび日本人が利用する情報サイト
(アメリカ地域毎にルームシェア検索が可能)
Roomsterルームシェアを掲載・検索できるサイト(英語)
SpareRoomルームシェアを掲載・検索できるサイト(英語)
findroommateルームシェアを掲載・検索できるサイト(英語)
-上記のいづれかを利用してシェアする相手を探す

ルームシェアの場所と相手を探すだけでなく自分で家を借り、その内の1部屋を貸し出すことで家賃節約をすることも可能です。

学校や友人、ウェブサイトを使って相手を探して住みたい家に住むことも。

■探すときのポイント・注意点

-①場所を決める

大学の近くのZip Code(郵便番号)や住みたいエリアを決め、検索します。

アメリカはエリア(市)によって家賃が大きく異なります。もし、地元エリアの危険な場所や情報をあまり知らない場合は、安すぎる家賃=危ないエリア等考えるかネットである程度エリア情報を検索しておきましょう。
⇒(参考)留学は本当に危険?留学する際に注意しておきたい5つの心掛け

-②検索の条件選択(オプション)

ルームシェアの検索をする際に、サイトによって条件選択ができます。
・家賃
・期間
・ルームメイトの年齢/性別
・ペット等

-③相手に連絡

サイト内のそれぞれの部屋情報ページからオーナー(ルームメイト)に連絡できるようになっているので、メッセージを送って連絡します。

後は、お互いの都合の良い時間に部屋を見学させてもらいましょう。

★いくつか実際に見に行くこと★

シェアハウスでは、住む場所だけでなく共同生活する相手も重要な条件になります。行く前に部屋の様子(画像)だけで決めずに、実際に会ってどういう相手か確認することが大切です。

出来れば、1か所だけ見ずに何か所か訪問して決めるようにすることをお勧めします。

■最後に

今回は、アメリカでのシャアハウスの探し方についてご紹介しました。少しでも役立つ情報になれば幸いです。

シェアハウスでは一人暮らしにない共同生活による揉め事もあるのでしっかりとメリットとデメリットを理解した上で利用してください。

もし、留学せずに外国人と交流しながら家賃節約をしたいという方は、以下のサイト【オークハウス】のを利用してみてはいかがでしょうか。


アメリカランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

Sources
*1:https://www.reference.com/holidays-celebrations/many-valentine-s-day-cards-sent-out-year-daac936c72611c80
*2:https://www.japantimes.co.jp/news/2006/03/21/news/white-day/#.XEbJalwzaUk
*3:https://www.quora.com/What-dose-will-you-be-my-valentine-really-mean
*4:http://www.salvationmountaininc.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください