【第68話】裁判を起こそう!(by留学生)

日本と違い、アメリカでは人を訴えて裁判を起こすことはよくあり、何でもかんでも訴えている印象。

されど、大学の友人(地元アメリカ人)でさえ、裁判を起こした経験のある人はおらずどうやったら訴えて金をとれるのか相談できる相手がおらず。

車も失い、お金も失い、留学中のワースト3に入るテンションの低さの中、保険会社の方に言われたようにとにかく裁判所に相談しに行きました。

裁判所では、無料で相談できるコーナーがあり、そこでは自分の状況にはどういったタイプの裁判がいいかなどを教えてくれます。(弁護士に相談すると相談料取られるからね)

私の場合は、20万円ちょっとの請求だった為裁判と呼べるほどではない【Small Claims Court】(少額訴訟)という日本の裁判所のサイト*1でも載ってましたが日本では60万円以下の金額請求を求める際に利用できるタイプのもの。(アメリカでは5000ドル以下でした)

弁護士を雇う必要がもなく、費用もたった50ドル(約5000円)。人生経験にもなると思い頑張ることに。

でも弁護士を雇わないので資料は全て自力。
・警察に行って資料を受け取る
・事故現場状況の写真や情報集め
・裁判所に書類提出
・相手側に書類に手渡し
などなど、すべて自分で行わなければなりませんでした。


-そうして手続きを進めて1か月後が訴訟日に決まりました-

って一話で話してるけど、めっっっちゃ大変でした。

何十枚もある資料はすべて英語。(←当たり前じゃ)ていうか私、法学部ですらねーし。でも人間、必死になれば英語も読むし覚えます。英語だって追い込まれたら覚えるんですよ。

ということで、皆さんも英語でお困りの際は自分を追い込んでみてください。(話がずれてる)

【第69話】審判の日


アメリカランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

Source
*1:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_02/index.html