【第54話】英英辞典を使うということ

英英辞典を今まで使うことがなかった私はこの勉強で初めてその意味と理由を理解しました。

理由①手間を省く
言わずもがな、日本語で考えて話す手間を省けます。

理由②その単語の本来の意味が分かる
英単語を日本語で表現すると、日本語にある表現しか使わないので限界があります。日本語にあって英語にない表現やその逆もたくさんあります。

例えば、愛:LOVE。
日本語ではほぼ人に対してしか使わない表現ですが、英語では”I love this music.”などのものに対しても使います。

つまり愛はLoveであってもLoveは必ずしも愛と訳しはしません。

この英英辞典を使った読書と予習で、最初の数ヶ月は遊ぶ暇もなく勉強の日々でした。

その章で分からない単語を調べてメモ。

メモした単語は出来るだけその週の間に覚える。

苦労の甲斐あって、予習した次の授業では講師が説明する内容が大体理解することができました。

実際、既に読み込んで理解した内容をリスニングしている感じ。たまに教科書に載ってない話がでてくるのでそれをノートに書く。聞き取れなくても教科書に沿っている内容なので大体内容が想像できました。

こうして、できないリスニング力を予習することで補い授業についていくことができました。

【第55話】初めてのエッセイ