【第5話】留学費用について

留学にかかる費用は、期間はもちろん行き先や滞在方法、留学する施設によってもかなり違います。
私の場合は、【第4話】私の留学プランにあるようにアメリカだったので他の国よりは比較的高め。ただ、映画で聞くような英語を勉強できます。

まぁ、下の料金は私が行った具体的な費用になるので、場所や期間が違うと金額も変わってきますので、参考程度に。

留学にかかる費用

①各手続き費用(VISA等)

私は、手続き等をすべて留学斡旋会社に任せたので、こちらは費用がかかりました。
ただ、語学学校への手続き・ホームステイ先・飛行機チケットなどなど、必要なものはすべてそろえてもらえるので、手間も不安も手続き面ではありませんでした。
ちなみに、アメリカの学生ビザは16800円(2016年現在)
詳しくは、米国ビザ申請について
他にも、保険料だったり成績書発行だったり、手続きにいくらか費用がかかります。
また、斡旋会社を利用するとその分の費用もありますし。短期だったり、留学プランによって費用が違うと思うので問い合わせるしかないですが、私は8万円くらいだったと思います。(1年プランで)

②旅費(飛行機代)

もちろん飛行機代です。アメリカですが、タイミングによって旅費はかなり違います。
安い時期(1月,2月,6月,9月,10月)では6万~
高い時期(5月,7月,8月,12月,3月)では15万~とかになります。
ちなみに私は、3月に行ったので間の10万円くらい。ただ、タイミングは休みをとれる時期だったりとある程度決まってしまっていると思うので、予算としては15万くらい見ておいた方がいいかと。

飛行機代のイメージはネットで探して実際の金額を試算しておくのが一番だと思います。
  



③授業料

語学学校①(2ヶ月)
1ヶ月の語学留学の費用はアメリカでは約18万円。2ヶ月なので約36万円でした。
ただ、場所や授業のスケジュールによって費用は結構違うので、お金を抑えたい方は安めの語学学校を探すべきです。
アジアだったり地域の物価が安い所のほうが安かったりするので、短期間で安く済ませたい、という方はアジア方面の語学学校を探すといいです。特に、下のセブ島の語学学校だと1ヶ月の語学学校の費用が約10万円~とかです。

語学学校②(1ヶ月半)

2番目の語学学校は大学付属のところだったので、最初の所よりも学生も大学に入るために一生懸命で授業内容もテストで点数を取るため(大学に入るためのスコア条件クリアのため)に構成されていたので、目的がはっきりとした授業でした。
語学学校で費用よりも内容と目的が自分に合ったものを、と考えているのであればそこである授業内容であったりプログラムをしっかりと聞いてから決めたほうがいいと思います。
ヨーク国際留学センターなら、あなたにぴったりの留学プランをプロがご提案

ちなみに、かの有名なUCLAにも大学付属の語学学校がありますが、そちらの費用は以下の感じです。
AIEP(Academic Intensive English Program)費用(アカデミック集中英語プログラム)
いくつかあるプログラムの一つで、6週間で約35万円(高いっ)
私は、これより安い25万円くらいでした。

短期大学(1学期間)

短期大学も大学によって授業料が違います。(日本でも大学によって学費が違うように)
私の行っていた大学は、地元の学生と外国人留学生で学費が違っていて地元の人は1単位5,000円くらい。(つまり1学期で12単位とすると6万円)
私は外国人留学生なので、1単位3万円くらい。つまり1学期当たり大体12単位くらい取得したので、36万円。それに教科書だったりと加えると1学期の授業料は50万円くらいです。

ちなみに、UCLAは9ヶ月(授業1年分)で400万円越え。(UCLAの費用についてはこちら)
このように大学によって費用は違うのでご注意を!
留学先(施設)の選び方についてはこちら

④生活費(食費・交通費など)

これは、日本とほとんど変わりません。自分の節約次第ですが、短期間だと自炊ができないのでいつも外食になります。
私は、最初の2ヶ月がホームステイで朝夕の食費込。お昼だけ外食。
あとの10ヶ月近くは(実はもっと長期間いることになるわけですが)、自炊も出来るルームシェアをしていました。自炊するとかなり節約できるので、お金がない私は朝昼晩とほぼ自炊してました。まぁ、食費など込みで月4万円くらい見ていたらいいのでは。

⑤家賃

留学中の滞在方法は以下の方法があります。
・ホテル(一人部屋OR)
・ホームステイ
・ルームシェア/シェアハウス
・一人暮らし
日本でも場所によって家賃が違うように留学する際も、場所によって家賃が全然違います。
アメリカは都会・治安がいいとこであればある程家賃が高い。詳しくは、留学中の滞在方法についてをご覧ください。

ちなみに、私は以下3つ。というかホテル以外はすべて経験済みです。

・ホームステイ

留学ではホームステイが人気ですが、やはりアメリカ人の家庭で住まわせてもらえるので、”英語を話す”という点では一番いい条件だと思います。
ただ、高い。私は最初の2ヶ月間ホームステイでしたが1ヶ月10万円。朝夕込でしたが、いろいろあって割にあわないと感じルームシェアに変えました。

・ルームシェア/シェアハウス

滞在方法としては一番安い家賃にできます。アパートや一軒家の一部屋を借りる形で、バスルーム共有だったりなかったりと色々な条件がありますが、安く済ませたい人はこれに限ります。
私は、留学生活の大半がルームシェア/シェアハウスでした。(大体月5万~8万)私はLA近郊だったので高いですが、他の州だとさらに安くなります。

・一人暮らし

結構費用がかかりますが、自由です。私は8万円でしたが大体LAだと10万円くらいはするので、長期留学でない限りおすすめしません。

あとは、ホテルですが、ホテル滞在の場合は短期留学で留学プランに含まれていると思います。そのため、自分でホテルに予約したり等の手間が省けるし便利ですね。それに短期間でルームシェアや一人暮らしは難しいので、選択肢はホテル・ホームステイしかないかと。
まぁ、困ったときは問い合わせるのが一番です。


⑥その他諸費用(教材費、お小遣い)

服買ったり、お土産買ったりですね。多めに10万円くらい(短期なら5万円?)見といたらいいかと思います。
他には、ケータイ電話。1年以上滞在するのではあれば、現地のケータイ会社で契約してしまうのが一番です。ただ、短期間だと現地のケータイを持つ必要がないので、WiFiだけレンタルするとかで済むかと思います。とくに、最近はWiFiレンタルも安いですし。


というわけで私の1年間の総額予算は以下の通りです。

  内訳 費用
①各手続き
(VISA等)
VISA      2万
健康保険   20万
斡旋会社   8万
 30万円
②旅費
(飛行機代)
飛行機代   10万  10万円
③授業料 語学学校①  36万
語学学校②  25万
短期大学   50万
110万円
④生活費
食費等    48万
(4万x12ヶ月) 
 48万円
⑤家賃 ホームステイ 20万
(10万x2ヶ月)
ルームシェア 60万
(6万x10ヶ月)
 80万円
⑥その他費用 雑貨     24万
(2万x12ヶ月)
ケータイ代  6万
(5千x12ヶ月)
その他    10万
 40万円
合計   318万円

※プラス私は車を買っております。(30万円。帰国時に売りましたけど。25万円で)
それ以外にも、雑費として色々かかってるので、上記は最低金額の予算として見ていただいた方がいいです。

25

留学にかなりの費用がかかっているわけですが、私は日本の大学時代にバイトをして留学費を貯めようと1年必死に頑張りましたが、半年の家賃と生活費程度で終わりました。

留学中も必死に節約して勉強以外にはお金をほぼかけず必要最低限で留学しました。それでも結局、Poor留学とか言いながら留学費は親に甘えていたわけで、今英語が自由に話せるのも、仕事があるのも私の両親が苦労してお金をかけて私のわがままを聞いてくれたからだと思います。親にはすっごく感謝しております。
いつか、この恩を少しずつでも返せたらな、と思ったり。

また、自力やローンで行こうとされている方に、少しでも節約方法や英語勉強法などの情報を共有して、役立てていただければと思います。

【第6話】留学出発直前


アメリカランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください