【第26話】布団担いで自転車爆走

自転車を買ったその日に掛布団も買うことにしました。

ていうか、買わないと夜に凍死するのは時間の問題だと。

一番安い掛布団でキングサイズのものを買いました。

貧乏人の考え
寒いときに折り返せば一枚で二枚分
⇒二枚買うより断然安い!

そんなこんなで、自転車、ベット、掛布団、と留学して以来いろいろと買い揃え。
明らかに1年で帰ろうとしていない潜在心理がすでに行動に表れているのでした。

と、この日はまだ終わっていません。

行きでバス事件に遭ったので(24話参照)帰りはバスは断固拒否。

というわけでキングサイズの掛布団を抱えてチャリ。

日本のように自転車に籠がついているのが一番安いのではありません。

これ。

まさに、本気バイク。

自転車に鞄(キングサイズ掛布団が入りきらず手巻き寿司の様に中身丸見え)を背負い疾走しました。
と、行きのバス1時間45分の旅を帰りは自転車で25分に。

行きの時に経験したムカムカのおかげで怒りを動力に滑走!

自転車って偉大!

【第27話】怒りを勉強に


アメリカランキング
↑良かったら応援クリックお願いします↑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください